微弱モールス無線機
-----------------------------------------------
微弱電波を使って約10m以内の近距離でモールス通信できる無線機を開発しています。
目と耳の両方に障害を併せもつ盲ろう者と無線でコミュニケーションも可能な形を目指します。
<比較的低いトーンの400Hzを使ってスピーカの振動が指でも感じ取れる>
コロナウィルス対策として、社会的距離をとりながらコミュニケーションが可能になります。

1.微弱モールス送信機 BJKTX-2016A
 送信専用の発信器を作りました。
 受信側は、市販の広帯域受信機やハム用144MHzハンディ機などで受信できます。
 ------------- 仕様 -------------------
 周波数:143.98MHz、変調形式:FMで400Hzのトーンを断続。
 通信距離:約10m以内。(免許不要の微弱電波)
 セミブレークインタイム:1秒。
 電池:CR2032で約30時間送信可能。(毎日10分間送信した場合で約6ヶ月)
 外形:32x36x9 mm
 重さ:10g
      微弱モールス送信機の外観写真 (クリックすると送信中の動画)

 (写真は実物と一部異なる場合があります)


 その他の用途例
 (1)隣の部屋に合図を送る。(建物の構造によります)
 (2)臨場感のあるモールス練習機 (実際に電波を飛ばしています)
 (3)その他、用法のアイデア歓迎します。






2.双方向に通信可能な専用トランシーバーは次のステップで検討








★参考リンク:目が見えない盲人用の歩行補助具


価格・納期については、メールで お問い合わせください。
特別仕様での開発・製作や組込用基板完成品等も承ります。
御希望の用途や形状等の仕様をお知らせ下さい。

(株)西無線研究所 TEL078-251-8721 〒651-0096 兵庫県神戸市中央区雲井通2-1-29-205
http://www.nishimusen.co.jp       nishi@nishimusen.co.jp

 
 

 


http://www.nishimusen.co.jp/Morse-wireless/Morse-wireless.htm